【建設業(現場仕事)をはじめた方へ】 ネットバンキングの始め方

「いざ独立したけど、振込や入金確認が面倒だ」
「日によってはATMに人が並んでいて待つのが嫌だ」

いざ建設業(現場仕事)で独立し、仕事がはじまった時に元請けからの入金確認や各種振込でこのような悩みはありませんか?いまはインターネットが普及し、スマホのアプリも充実して、このような悩みが一気に解消できるようになりました。それは「ネットバンキング」です。この言葉を聞いたことのある方も多いかもしれません。しかし、なかなかキッカケがなかったり、イマイチよく分からないといった理由でまだ利用していない方は多いのではないでしょうか?今回は、このネットバンキングについてお伝えします。

既にATMは減りつつある!?

あのメガバンクである三菱UFJ銀行は、2023年度末までに全国のATMを2割削減することを発表しています。これまで利用していた近くのATMが知らないうちに無くなっていたということが起こるかもしれません。三菱UFJ銀行以外でも、みずほ銀行や三井住友銀行等のメガバンクをはじめ、その他の地銀なども積極的にとりかかっているATMの削減です。キャッシュレス化が進む中、現金を使う機会がこの先どんどん減っていきます。そうなるとこのATMの削減は更に加速することになります。今ではほどんど全ての銀行でネットバンキングの利用が可能です。是非、早い段階で今回ご紹介するネットバンキングに慣れておき、時代の流れに乗り遅れないようにしましょう。

ネットバンキングとは

ネットバンキングは、簡単に言うとパソコンやスマホでインターネット環境さえあれば、振り込みや残高照会などがいつでも行えるサービスのことです。いま口座を開いている銀行のネットバンキングが使えるようになれば、ふだん銀行の窓口やATMで行っいることがスマホやパソコンで出来るようになります。
ネットバンキングは、ふだん皆さんが使っているメガバンクや地銀、信用金庫で開設するタイプと、店舗を持たない“ネット専業銀行”で口座を持つタイプに分かれます。いま持っている口座をネット上でも使える形にすることもでき すが、ネット専業銀行の口座はメリットも多く、ひとつは持っておくことを検 してみてください。
よく耳にするようになった『楽天銀行』や『ソニー銀行』などはネット専業銀行のひとつです。
口座開設方法 は「①申込書、本人確認書類どちらも郵送で送る方法、②申込のみ銀行のウェブサイトから入力する方法、③どちらもウェブサイトで行う方法の3つがあります。ネット初心者の方でも、比較的簡単にできて手間がかからないのは②です。パソコンやスマホから、申し込みたい銀行のサイトにアクセスし、申込みフォームに記入して送信します。案内に従って、本人確認書類を郵送すると、後日自分専用 ページ(マイページ)にログインするためのIDやパスワードの案内が自宅に届きます。

おすすめのネットバンク

■ジャバンネット銀行
ジャパンネット銀行は、申し込みから最短5日でキャッシュカードが自宅に届くネット銀行です。近くの銀行やコンビニのATMで、24時間365日入出金が可能。毎月1回目の手数料は無料です。2回目以降も3万円以上の取引であれば、何度でも手数料無料で利用できます。また、Tポイントを現金に交換(Tポイント100ポイントにつき85円)できることもジャパンネット銀行ならではの特徴です。
■東京スター銀行
東京スター銀行は、無料で使えるATMネットワークが魅力のネット銀行です。キャッシュカードなら、月8回まで実質手数料無料で出金可能です。また、一定の条件を満たすと、他行宛振込手数料が月3回実質無料です。さらに、給与の振込先を東京スター銀行口座に指定すると、円普通預金の金利が年利0.1%アップします。
■楽天銀行
楽天銀行は、1,000万口座を目前にした最も利用者が多いネット銀行です。特徴は、会員のステージに応じて様々な特典が受けられること。利用状況次第で、ATM手数料が最大月7回まで無料・他行振込手数料が最大月3回まで無料になります。また、楽天スーパーポイントが貯まることもメリットです。貯まったポイントは、振込手数料、楽天銀行デビットカードの支払い、外貨預金の預入れに利用できます。
■住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行は、口座開設数400万以上を誇る人気ネット銀行です。スマプロランク(毎月の商品・サービスの利用状況により自動的に判定され、ランク1~ランク4までの4段階のいずれかが適用される仕組みのことです。)に応じてATM手数料と他行振込手数料が月15回まで無料になります。お金の管理は、住信SBI銀行アプリで簡単・便利に行えます。アプリを使えば、残高照会・入金・振込受付など、あらゆる取引操作が可能です。
■ソニー銀行
ソニー銀行は、住宅ローンやカードローン・投資型クラウドファンディングなど、豊富な商品を提供するネット銀行です。ソニー銀行最大のメリットはSony Bank WALLET(ソニー銀行が発行する11通貨対応Visaデビット付きキャッシュカード)が利用できることです。さらに、海外では世界200以上の国と地域で利用可能。ソニー銀行のカード1枚で現地通貨がATMから引き出せます。また、毎月指定の金額を他行から自動的に手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」が日常の入出金に便利です。

最後に

慣れない人がネットでお金のやりとりをする場合に心配なのは“セキュリティ面”だと思います。「たしかに、開設時に発行したID パスワードを知られたら、マイページに侵入されますので、残高や利用履歴などは他人に知られる危険性があります。それらの情報を自分専用のノートに記しておき、他人に見られないように保管しておきましょう。ネットバンキングで振り込みを行う場合は、IDやパスワードに加えて更なるセキュリティによって守られています。
銀行によっては「振込み手続きの際、振込み先の口座や入金額とは別に、本人宛てに発行される“ワンタイム・パスワード”という1回限りのパスワードを入力する必要があります。このワンタイム・パスワードの発行方法は銀行によって異なりますが、本人が所有する携帯電話のショートメールに送られてくるパターンが多く、他人に知られることはありません。それぞれの銀行にユニークなサービスがありますので、自分の生活スタイルにいちばん合った銀行を調べることから始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました